労働相談長山オフィス

〒260-0032 千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタル登戸5階1号室
JR千葉駅西口から徒歩8分

受付時間
9:00〜18:00
休業日
土曜・祝日
            043-246-9830に電話する

社会保険労務士
長山浩之

会社から労災申請を拒否されても諦めてはいけません

申請は可能です

まずはご相談下さい

 

労災申請(請求)

労災に関するよくある質問

労災は、会社にお勤めの方なら馴染みのある言葉ですが実際どのような制度であるかはほとんど知られていません。

そこでよくある質問をまとめてみました。

労災ってそもそも何ですか?

労働者が業務上や通勤時に負傷、疾病にかかった場合に労働者に対して事業主が補償をする制度です。

ちなみに制度の性質上、保険料を支払うのは事業主のみです。

雇用保険や健康保険、厚生年金のように労働者が保険料を負担することはありません。

労災が認められると
どの程度補償されるのですか?

通院入院費用からその後の療養中の費用まで様々なものが支給されます

病院での治療にかかった費用の給付(療養補償給付)

休職期間中の補償(休業補償給付)

ケガの程度が重い場合の年金支給(傷病補償給付)

障害が残ってしまった場合(障害補償給付)

労働者が死亡してしまった場合の遺族への補償(遺族補償給付・葬祭料)

介護を受けなければならない場合(介護補償給付)

労災申請はどのくらいの割合で認められているのですか?

精神障害の場合は、概ね40%前後です。

厚生労働省は、過重労働を原因とする脳・心臓疾患と仕事による強いストレスなどを原因とする精神障害についてのみデータを公開しています。

どちらも認定率は40%前後です。

うちは労災保険に加入していないから申請できないと言われました。
本当ですか?

ウソです。労災申請できます。

労働者を1人でも雇用している事業主は、任意加入とされている「常時5人未満の個人経営の農林水産事業」を除き、法人・個人事業主に関わらず加入義務があります。

もし会社が加入していない場合、会社には徴収金等のペナルティが課されますが労働者は会社の加入の有無にかかわらず労災申請することができます。

あなたはパートだから労災申請できないと言われました。本当ですか?

労災申請できます。

労災保険の対象となる労働者は、正社員に限らずパートやアルバイトも含まれます。

正社員だけということはありません。

業務中にケガをしたのに会社は労災ではなく傷病手当金請求の手続きを行うと言っています。このままで良いのでしょうか?

労災申請を検討して下さい。

傷病手当金は、業務上の原因以外で病気やけがのために会社を休んだ場合に健康保険(協会けんぽ又は健保組合)から支給されるものです。

例えば休日のサッカーをしていてけがをしてしまい出勤できなくなった場合でも支給されます。

他方、労災は業務上・通勤中の病気やけがに対してのみ支給されるものです。

また傷病手当金と比べて労災保険のほうが給付が手厚くなっています。

業務上・通勤中のケガについては労災が適用される可能性がありますので労災申請を検討して下さい。

先に傷病手当金を申請している場合でも労災申請は可能です。

もし労災が認定されれば今まで受給した傷病手当金は返納することになります。

労災申請と障害年金申請どちらも検討しています。両方申請することは可能ですか?

可能です。ただし、両方が認められても併給調整により減額されます。

【障害年金】 【労災保険】
障害基礎年金(国民年金)満額支給

 83%を支給(17%減額) 

障害厚生年金(厚生年金)満額支給 83%を支給(17%減額)
障害基礎年金および障害厚生年金 満額支給 73%を支給(27%減額)

業務上のケガや病気の場合、労災保険の申請はもとより障害年金の申請をすることができます。

したがって両方を受給することも可能です。

ただし、仕事をしていたときの給与額を年金額が上回ることがないよう上記の割合で労災保険が調整(減額)されます。

一方、調整(減額)幅は調整された労災年金の額と厚生年金の額の合計が調整前の労災年金の額より低くならないように行われます。

したがって、両方受給しても損にはならない仕組みとなっています。

駅の階段で転んで入院しました。通勤中のケガは労災対象ではないと言われました

通勤中は、通勤災害にあたり労災請求が認められます

労災には、業務災害と通勤災害の2種類があり通勤災害も労災として認められています。

また自宅から会社までの通勤だけでなく会社から他事業所への移動も通勤災害として認められる場合があります。

昼食のため外出した際に自転車とぶつかりケガをしました。
昼休み中のケガは労災にあたりますか?

労災にはあたりません

業務災害といえるためは、就業中かつ事業主の支配下にあることが必要となります。

昼休み中は、自由な行動が許される時間であるため就業時間にはあたらず、かつ、事業主の支配下にあるとはいえないことから労災にはあたりません。

昼休み中、会社の食堂で食事中、給湯器の使い方を誤り火傷をしてしまいました。労災として申請できますか?

労災にあたると考えられます

労災認定の判断基準は、前の質問と同様に就業中かつ事業主の支配下にあることが必要です。

この点、食堂は会社施設内であり事業主の支配下にあると認められます。

そして食事も就業中の生理的必要行為とみなされるため労災にあたると考えられます。

同じ昼休み中でも食事場所によって労災認定該当性の判断の有無が異なりますので注意が必要です。

初回のご相談は無料です

お電話でのご予約はこちら

043-246-9830
お知らせ
メール相談・対面電話相談とも初回無料です。
【ただし、対面・電話相談についてはお一人様1時間限り・要予約】
匿名でのご相談も可能です。

料金(労災申請代行)

料金表【コース別】(税抜き)
  エコノミー スタンダード プレミアム
申請書類作成
追加書類作成 ×
労災認定後の各種手続き × ×
比例報酬

一律

5万円

給付日額の

30日分

もしくは

年金・一時金の

15%

給付日額の

30日分

もしくは

年金・一時金の

15%

料金

10万円

15万円

比例報酬

18万円

比例報酬

*ただし比例報酬の最低報酬額は10万円

  • エコノミーコースは、作業中に機械で指を挟んだ等、ケガの状況から労災認定が認められることが明らかな場合にご利用いただけます。具体的には、上記のようなケガにも関わらず会社が労災申請を拒否している場合などにご利用いただけます。
  • スタンダードコースは、労働基準監督署から指定された書類の提出だけでは労災認定が困難であり、追加書類や資料の提出が必要とされる労災申請に適用されます。具体的には、うつ病などの精神疾患の労災認定の場合に適用されます。
  • プレミアムコースは、追加書類や資料の提出以外に離職票の手続きや傷病手当金をすでに受給している場合の返納手続きなど労災申請以外の各種手続きも全て代行するコースです。

 

  • 給付日額30日分の計算方法(比例報酬)

例えば、平均賃金から算出された給付基礎日額が8000円(月給約24万円)の場合

労災の休業補償給付は保険給付(60%)と特別支給金(20%)を合わせて

給付基礎日額の80%ですから一日当たりの給付日額は

8000円×80%=6400円 となります。

そうすると

6400円×30日分=19万2千円 が料金として追加されます。

 

したがって 

24万2千円【スタンダードコース】

27万2千円【プレミアムコース】

が合計料金となります。 

 

  • 年金・一時金の15%の計算方法(比例報酬)

例えば、給付基礎日額が8000円(月給約24万円)で障害等級12級が認定された場合

8000円×156日分=124万8千円(障害補償給付)

および20万円(障害特別支給金)

合計144万8千円が一時金として支給されます。

そうすると

144万8千円×15%=21万7200円

 

したがって 

26万7200円【スタンダードコース】

29万7200円【プレミアムコース】

が合計料金となります。

*いずれも税込み価格